わが家のこどもちゃれんじ体験談 >>

【札幌市】白い恋人パークのガリバータウンとキッズタウンに2歳の子供と行ってきた感想

札幌市にある白い恋人パーク

北海道の銘菓「白い恋人」でもおなじみの石屋製菓が運営している「白い恋人パーク」。

地下鉄東西線の端っこなので、札幌市中心部からはやや時間がかかります。

 

2019年のゴールデンウィークに白い恋人パークへ行ってみたので、写真付きでレポートしていきます。

ちなみに2019年7月11日まで体験施設がリニューアル工事中ということを知らなかったため、現地に着いて少しショックを受けました…(´;ω;`)

いざ白い恋人パークへ

白い恋人パークの外観

とりあえず白い恋人パークの入場口まで行ったものの、敷地が広くて、初見ではどこに向かえばいいかわかりません。

 

とりあえず初めて行く方は、テキトーに歩き回るより案内図を確認しておきましょう。

白い恋人パークの施設案内図

白い恋人パークの敷地内を見てまわるだけなら基本無料ですが、施設内で遊んだり体験したりできる有料エリアもあります。

今回、我が家では

  1. ガリバータウン
  2. キッズタウン

の順で見て回りました。

ガリバータウンで入場料を支払うと、キッズタウンの30分無料券と白い恋人鉄道の1周無料券がもらえます

キッズタウンと白い恋人鉄道を利用する予定の方は、ガリバータウンから先に回るとお得です。

 

白い恋人パーク敷地内

札幌市にある白い恋人パーク

2018年4月1日~2019年7月11まで、白い恋人パークのリニューアル工事を行っています

参考:白い恋人パーク リニューアル工事に関するお知らせ

 

工事終了までは

  • 工場見学
  • お菓子作り体験
  • チョコレートファクトリーへの入場

などができません。

 

工場見学以外に子供が楽しめそうなところは、キッズタウン、白い恋人鉄道、ガリバータウンあたりでしょうか。

めがね主婦

工場見学ができないと、遊ぶところが少ない印象を受けました…

 

施設内にはガーデンや噴水などがあります。

白い恋人パーク内にある噴水

 

こちらはローズガーデン。

白い恋人パーク内にあるローズガーデン

ローズガーデン

訪れたのが4月末だったので寂しい感じですが、もう少し暖かい季節だったら花が咲いてきれいだったかもしれません。

 

からくり時計塔では、決まった時間に音楽が流れる「チョコレートカーニバル」を見ることができます。

仕掛け時計のように、動物たちが動きだします。

白い恋人パーク内にあるからくり時計塔

からくり時計塔

 

こちらは中庭にあったバス。

バスを背景に、記念撮影をしている方が多かったです。

白い恋人パーク内にあるバス

 

敷地内を走る「白い恋人鉄道」

白い恋人パークを走る汽車

白い恋人鉄道

白い恋人鉄道は、出発時間があらかじめ決まっています。

各時間毎に定員も決まっていて、受付した時点で1時間待ち状態だったので今回は乗車を断念しました。

 

ちなみに、ガリバータウンに入場すると、白い恋人鉄道1周無料券がもらえます。

白い恋人鉄道、ガリバータウンの両方で遊ぼうと考えている方は、ガリバータウンから先にまわってみてくださいね。

めがね主婦

ガリバータウンでは他にもキッズタウンの30分無料券がもらえたよ

 

白い恋人鉄道について、詳しくは下記のページをご覧ください。

参考:白い恋人鉄道について  | 白い恋人パーク

 

敷地内には線路がひかれていて、ぐるーっと1周する仕組みです(1周するのに約10分ほど)。

白い恋人パーク

 

線路沿いにはお菓子の家とかもあるので、子供は喜びそうですね(^^)

白い恋人パーク 白い恋人鉄道の線路沿いにあるお菓子の家

 

白い恋人パーク内にある「キッズタウン」

白い恋人パークにある「チュダーハウス」

チュダーハウス

 

キッズタウンは、上の写真の「チュダーハウス」という建物の2階にあります。

白い恋人パーク内にあるキッズタウン

キッズタウン 3階

2階が受付で、キッズタウン自体は2階と3階の2フロアに分かれています。

受付が終われば、2階と3階の行き来も自由です。

 

キッズタウンの詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

参考:キッズタウンについて | 白い恋人パーク

 

3階部分は、月齢が小さい子供でも利用できるようにクッションフロアになっています。

白い恋人パーク内にあるキッズタウン

キッズタウン 3階

混雑していてキッズタウン2階部分の写真撮影はできませんでしたが、2階はままごとなどで遊べます。

キッズタウンの詳細(入場料金・営業時間)

営業時間 10:00~17:30
※最終受付は17:00
年齢 0歳~8歳まで
※12歳まで入場可
入場料金 ひとり30分 200円(税込)
延長は30分ごとに200円(税込)
※0歳無料

 

チュダーハウス内にはキャンディ・ラボや食事処もあり

同じ建物内(チュダーハウス)の1階には、「キャンディ・ラボ」というキャンディ・アート専門店があります。

詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

参考:Candy Labo (キャンディ・ラボ) |石屋製菓

白い恋人パーク 施設内にある「キャンディ・ラボ」

うちの娘はまだ飴を食べられる年齢ではないのですが、カラフルな飴がたくさんあって見ているだけで嬉しそうでした。

 

同じ建物内(チュダーハウス)には他にも、ごはん屋さんが入っています。

ただ、昼食時には行列ができて混雑していました。

白い恋人パークの敷地内にある「ガリバータウン」

ガリバータウンは、時計塔のある敷地とは別の場所にあるので、道路を渡って隣の敷地に移動します。

白い恋人パークのガリバータウン

 

こちらがガリバータウンの入り口。

白い恋人パーク内にあるガリバータウン

ガリバータウンの入場口

 

受付で入場料を支払います。

料金は下記のとおり。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの入場料金

ガリバータウンの料金

この入場料金には、

  • ガリバータウンの入場券
  • 仮想通貨 600ガリバー(300円分)
  • キッズタウン30分無料券
  • 白い恋人鉄道1周無料券

が含まれています。

仮想通貨のガリバーは、ガリバータウン内で使用できるお金です。

 

こちらがガリバータウンの案内図。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの地図

ガリバータウン案内図

入場したら、まずは「おきがえのいえ」で衣装に着替えて楽しむのが一般的のようです。

今回はゴールデンウィークということもあり、「おきがえのいえ」が混雑していたので着替えは見送りました。

 

ガリバータウンには白い恋人のキャラクター「トロン」がいました。

ガリバータウンにいた着ぐるみ人形

白い恋人パークのキャラクター「トロン」

うちの娘は、怖がってギャン泣きです…(^^;)

 

ガリバータウンには色々なコンセプトのおうちがあります。

全部まわることはできませんでしたが、いくつか写真を撮ったので紹介していきます。

 

ガリバータウンというだけあって、おうちも全て子供サイズに作られています(大人は中に入るのがやっとです)。

 

こちらは消防署。

子供が乗れる消防車が置いてありました。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの消防署内

 

こちらは交番。

白バイとパトカーのおもちゃの他にも、うまく撮影できなかったのですが、牢屋のモチーフをしたスペースが室内にありました。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの交番

 

こちらは住宅。

子供は、イスやベッドに座ることができます。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの住宅

 

こちらも住宅です。

白い恋人パーク内にあるガリバータウンの住宅

 

白い恋人パークの工場が工事中だからなのか、ゴールデンウィークのわりにはそこまで混雑していなかった印象を受けます。

でも、ガリバータウン内のおうちが順番待ちになったりもしていたので、それなりに混んでいたとは思います。

※ガリバータウンのおうちは造りが小さいので、順番待ちをしないと入れません(定員2名くらいかな?)。

 

仮想通貨「ガリバー」の使い道

ガリバーは、ガリバータウン内の催し物などに利用できる通貨です。

開催中のイベントは時期によって変わるので、ガリバーの使い道も開催されているイベントによって異なります

 

私たちが行った時には、ガリバータウンのプレイスペースで縁日が行われていました。

縁日でゲームをするときにガリバーを支払うという感じですね。

他には、タウン内でお姉さんが販売している飲み物をガリバーと引き換えに購入することができます。

 

ジュースを販売している付近は休憩スペースみたいになっていて、こんな遊具も置いてありました。

白い恋人パーク内にあるガリバータウン 休憩スペースにあった遊具

 

ガリバータウンの詳細(入場料金・営業時間)

営業時間 10:00~17:30
※最終受付は17:00
入場料金 2歳~12歳:800円(税込)
13歳~   :700円(税込)
※1歳以下は入場無料
※名誉会員は入場無料
※札幌市民割引あり(100円引き)

 

白い恋人チョコレートドリンクの自販機

ガリバータウンの入り口付近(入場ゲートの外側)には、白い恋人チョコレートドリンクの自動販売機が置かれていました。

白い恋人パーク内にあるチョコレートドリンクの自動販売機

チョコレートドリンクの自販機

記念に購入してみるのもいいかもしれません。

 

白い恋人パークの施設情報(営業時間・住所・駐車場・アクセスなど)

営業時間 9:00~18:00
※一部施設は19:00まで
定休日 年中無休
住所 〒063-0052
札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
アクセス 地下鉄東西線 宮の沢駅から徒歩7分
JR札幌駅から車で約25分
電話番号 白い恋人パーク総合案内
011-666-1481
(受付時間 9:00~18:00)
駐車場 専用駐車場あり(無料)
公式サイト

https://www.shiroikoibitopark.jp/

>>facebook
>>instagram

※駐車場が少しわかりにくいかもしれないので、詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

参考:アクセスと駐車場  | 白い恋人パーク

 

白い恋人パークの地図

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です