テーマ移行中のため表示が崩れている箇所があります

新生児から使えるエルゴ抱っこひもの種類はこれ!オムニ360やアダプトなどを比較してみた

エルゴの抱っこひもは、ママたちの間で有名なのでよく耳にしますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

2017年11月現在、大きくわけて4種類あるエルゴの抱っこひもについて、わかりやすくまとめました。

それぞれ何が違うのか比較してみたので、抱っこひも選びの参考になればうれしいです。

 

 

現在発売されているエルゴの抱っこひもの種類

2017年11月に新モデルとなる『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』が発売され、これでエルゴの抱っこひもは現在4種類になりました。

  • OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)
  • ADAPT(アダプト)
  • 360(スリーシックスティ)
  • ORIGINAL(オリジナル)

(↑上に書いたのが新しく発売されたもので、下にいくほど古いものになっています。)

 

新生児からつかえる新モデル『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』

2017年11月に発売された待望の新モデル『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』

現在販売されている『ADAPT(アダプト)』と『360(スリーシックスティ)』の機能が合わさったような製品で、注目を集めています。

OMNI 360 おすすめポイント

  • 新生児からインサート不要で使える

  • 前向き抱っこができる

既存の『ADAPT(アダプト)』は、新生児からインサート不要で使えるのですが、前向き抱っこができず。

『360(スリーシックスティ)』は、前向きだっこができるけど、新生児から使うにはインサートが必須。

つまり、新生児からインサート不要で使えて、前向き抱っこもできるという抱っこひもが、今までなかったのです。

まさに、アダプトと360のいいとこ取りをしたのが『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』というわけ。

注意:『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』は、新生児期から前向き抱っこが出来るわけではないので、そこだけ気を付けてください。前向き抱っこは生後5ヶ月~です。

 

『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』は4種類の抱っこが可能。

パラレル装着と呼ばれる通常のつけ方のほかにも、より一層フィットするクロス装着ができます。

 

オムニ360と既存のエルゴ(アダプト・360・オリジナル)の価格比較

『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』を、既存のアダプトや360、オリジナルと比較してみました。

価格

OMNI 360…¥28,080(税込)

アダプト …¥23,760(税込)~

360   …¥10,800(税込)~

オリジナル…¥10,800(税込)~

現在、数量限定セールを開催しているため、360(スリーシックスティ)とORIGINAL(オリジナル)シリーズは、かなり安くなっています。

 

オムニ360や既存のエルゴ(アダプト・360・オリジナル)は、いつからいつまで使える?

対象時期

OMNI 360…生後0ヶ月(体重3.2kg以上)~体重15kgまで

アダプト …生後0ヶ月(体重3.2kg以上)~体重20kgまで

360   …生後4ヶ月(首が据わる頃)~体重15Kgまで

オリジナル…生後4ヶ月(首が据わる頃)~体重20Kgまで

前向き抱っこができるOMNI 360と360は、体重15kgまでしか使用できないため、長く使うならアダプトかオリジナルがおすすめです。

360とオリジナルは、下記のような『インファントインサート(別売)』があれば、生後0ヶ月(体重3.2kg以上)から使用できます。

 

安全性に配慮した『ベビーウエストベルト』は、オムニ360にも受け継がれています。

ベビーウエストベルト

これだけで落下を完全に防げるわけではありませんが、もしもの時のためにもあった方が安心です。

 

OMNI 360のカラーバリエーション

現在予約を受け付けている、『オムニ360』のカラーは4色。

1番人気はパールグレー。

価格:¥28,080(税込)

>>OMNI 360(パールグレー)の購入・詳細はこちら

 

2位は定番のブラック。

価格:¥28,080(税込)

>>OMNI 360(ブラック)の購入・詳細はこちら

 

3位はミッドナイトブルー。

価格:¥28,080(税込)

>>OMNI 360(ミッドナイトブルー)の購入・詳細はこちら

 

4位がカーキです。

価格:¥28,080(税込)

>>OMNI 360(カーキ)の購入・詳細はこちら

 

エルゴ ADAPT(アダプト)

新生児から使えるエルゴの抱っこひもといえば、代表的なのがADAPT(アダプト)です。

アダプトのおすすめポイント

  • インサートなしで新生児期から使える
  • 体重20kgまで使える

赤ちゃんの首があたる部分に、ヘッド&ネックサポートがついているので、首が据わっていない赤ちゃんにも使用できます

 

できる抱っこの種類は、対面抱き・腰抱き・おんぶの3種類。

小柄な方におすすめな、肩ひもを後ろでクロスして固定する『クロス装着』もできます。

 

抱っこひものサイズ調節も簡単にでき、子供の成長に合わせて変えられるので、新生児~体重20kgまでと長い期間使えるのも助かります。

こどもはちいさな怪獣 エルゴ 抱っこひも

便利なアダプトなんですがデメリットがひとつあります。アダプトは、言ってしまえばインサート一体型なので全体的にごつく、持ち運ぶときにかさばります。それだけが気になる点ですね。

 

アダプトの1番人気カラーは、何にでも合わせやすい定番のブラック。

価格:¥23,760(税込)

>>アダプト(ブラック)の購入・詳細はこちら

 

2番目に人気なのは、アドミラルブルー

価格:¥24,840(税込)

>>アダプト(アドミラルブルー)の購入・詳細はこちら

 

>>その他のカラーはこちらをご覧ください。

 

夏におすすめ!メッシュタイプの『ADAPT(アダプト) クールエア』

アダプトは密着度の高い抱っこひもなので、『クールエア』というメッシュタイプもあります。機能はアダプトそのままで、素材がメッシュになっただけです。

>>クールエアの詳細を見てみる

 

価格

クールエア…27,000円(税込)

アダプト …23,760円(税込)

カラーや柄によって多少変わりますが、アダプトの方が少し安いです。

 

前向き抱っこができる『360(スリーシックスティ)』

エルゴ初の前向き抱っこができる、抱っこひもです。

『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』が発売されるまでは、前抱きができる唯一のエルゴ抱っこひもでした。

ただ、インサートがないと新生児から使えないというデメリットもあります。

インサートがあれば、『オムニ360』とほぼ同じような使い方ができるようになるわけですが、金額だけ見ると『360』の方がコスパが良いです。

『オムニ360』と『360』の価格比較

  • オムニ360…28,080円(税込)
  • 360 + インサート…10,800円 + 3,564円=14,364円(税込)

『360』はインサート代金を合わせても、『オムニ360』の半額くらいで購入できます。

新製品を欲しくなる方が多いと思いますが、価格重視なら『360』がおすすめ

360(スリーシックスティ)は、セールで半額以下の価格になっています。(2017年11月9日現在)

>>360(スリーシックスティ)の購入・詳細はこちら

 

エルゴ抱っこひもの元祖『ORIGINAL(オリジナル)』

こちらも『360』同様、インサートがないと新生児からは使えません

前向きの抱っこにも対応していません

『ORIGINAL(オリジナル)』のメリットは価格がお手頃なところと、体重20kgまで使えるところです。

『オムニ360』、『360』は、体重15kgまでとなっているので、抱っこひも1本で使い回したい方には、使える期間が少し短いかなと思います。

その点、『アダプト』や『オリジナル』は20kgなので、長く使えます。

デザインの種類が豊富なのも魅力のひとつですね。

>>ORIGINAL(オリジナル)の購入・詳細はこちら

 

結局どのエルゴがおすすめ?

『オムニ360』は発売したばかりで価格が高いので、コスパを考えるなら⇒『360』

長く使いたいなら⇒『アダプト』

といった感じですが、個人的には『アダプト』か『オムニ360』をおすすめします。

 

▼エルゴの抱っこひもを購入するなら、正規販売店の『DADWAY(ダッドウェイ)』が安心▼

ただいま、数量限定のセール実施中!なくなり次第終了なので、お早めにチェック!

>>エルゴ抱っこひものセールを見る

 

こちらの記事もどうぞ

[st-card id=2610 label=” name=”] [st-card id=1508 label=” name=”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です