テーマ移行中のため表示が崩れている箇所があります

エルゴ専用防寒カバー『ベビーホッパー ウインター・マルチプルカバー』の口コミ!付け方や機能も解説

こどもはちいさな怪獣 エルゴ 防寒カバー ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』レビュー

「抱っこひもの防寒カバー(ケープ)と言っても様々なメーカーのものがあり、かなり迷います。

色々なメーカーのものを比較・検討した結果、わが家ではエルゴ抱っこひも専用の『BabyHopper(ベビーホッパー)』を購入しました。

私が購入した防寒カバー(ケープ)のレビューとか、購入を決めた理由とかをまとめたので、購入を迷っている方の参考になればと思います。

防寒カバーを公式ショップで詳しく見る ⇒

 

 

『BabyHopper(ベビーホッパー)』シリーズとは?

エルゴベビー ベビーホッパーシリーズ

『BabyHopper(ベビーホッパー)』は、エルゴベビー・ベビーキャリアのためにデザインされた専用のアクセサリーです。

販売しているのは、エルゴベビーの日本正規総代理店であるダッドウェイ。

ウィンターシリーズというのが防寒カバー(ケープ)になります。

 

そもそも、抱っこひもに防寒カバー(ケープ)は必要?

抱っこひもの防寒カバーは、あった方が便利です

 

めがね主婦

上着を着せたりすれば、防寒カバーなくても大丈夫じゃない?

なんて思っていたのですが、いざ上着を着せて抱っこひもで抱っこすると、かなり窮屈でした。

しかも、外を歩くならまだいいのですが、その格好で屋内に入ると暑いので汗がすごかったです。

めがね主婦

なんだか、ちょっと可哀想…

ってことで、防寒カバーを買うことに決めました。

 

ママコートじゃなくて防寒カバーを選んだ理由

ママコートと防寒カバー、それぞれのメリット・デメリットを考えた結果、防寒カバー(ケープ)を選びました。

ママコートのメリットは、コートとダッカーが同じ生地・色なので見た目がオシャレなのですが、他の人が使えないというデメリットもあります

パパが抱っこひもを使う機会もあるので、その点を考慮すると やはり防寒カバー一択でしたね。

 

エルゴ抱っこひも専用 防寒カバー『ウインター・マルチプルカバー』の特徴

エルゴベビー ウインター・マルチプルカバー

価格 :8,532円(税込)
カラー:ブラック、ネイビー、グレー、ベージュ

 

特徴

  • 軽いので持ち運びに便利(重量440g)
  • 優れた撥水加工
  • リバーシブルで着れる
  • ベビーカーではブランケットとして使える
  • 洗濯ができる(ただ撥水効果は薄れ、浮かしアイロンで効果が戻る)
  • 1年間の保証付き

2018年9月現在、『BabyHopper(ベビーホッパー)』シリーズには4種類の防寒カバーがあります

4種類の違いについては、「エルゴ防寒カバー 人気の『ベビーホッパー』シリーズを比較」の記事で詳しくまとめていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

 

ベビーホッパーシリーズのなかで一番安いのが、「ウインター・マルチプルカバーです。

安いから品質や機能が劣っているなんてことはなく、作りも機能もしっかりしています。

他メーカーの安い防寒カバーと比べると、その違いがハッキリわかるはず。

両サイドにはポケットがついていて、ママやパパの手を入れられるようになっている気遣いも嬉しいポイントです。ティッシュやハンカチなど、ちょっとしたものを入れるのにも活躍しそう。

「ウインター・マルチプルカバー」は、寒い季節にだけ使いたいなと考えている方にオススメです。

見てるだけで あったかそうだな。

ウインター・マルチプルカバーを購入する ⇒

 

『ウインター・マルチプルカバー』のカラーバリエーション

選べるカラーは全部で4色。どのカラーもシンプルなのでパパと兼用もできます。

ウインター・マルチプルカバーを購入する ⇒

 

「ウインター・マルチプルカバー」のレビュー

正規代理店であるダッドウェイのオンラインショップで購入し、5日ほどで届きました。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 梱包の様子

 

別に壊れものでもないのに、クッション材が入っている気遣い。しっかり梱包されていて安心です。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 梱包の様子

 

広げると裏地はボアになっているのがわかります。肌ざわりが良くて、包まれていると眠くなりそうですね。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 全体の写真

リバーシブルになっているので、裏返してボアを外側にすれば温度調節ができます

寒さが厳しい真冬はもちろん、ちょっと肌寒いなと感じる春先やにも重宝しますね。

 

下の方についているボタンと、抱っこひものお腹の部分を固定して装着します。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 固定する部分

 

赤ちゃんの足まわりの部分は、ストラップでしぼることも可能。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 足まわり

 

抱っこひもやベビーカーには、このストラップを使って取り付けます。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 固定ストラップ

 

付け方の説明書もついているので、この通り取り付ければOK。

エルゴ ベビーホッパー『ウインター・マルチプルカバー』 付け方

 

図でわからない場合は、この動画を見るとわかりやすいです。(※商品によって多少仕様が異なる場合があります。)

『ウインター・マルチプルカバー』は、立って取り付ける方法と、テーブルなどの上に広げながら取り付ける2通りの方法があります。

どちらの取り付け方も、抱っこひもの装着に比べれば簡単です。

注意
前向き抱っこ時には、防寒カバーを使用できません。

ウインター・マルチプルカバーを購入する ⇒

 

「ウインター・マルチプルカバー」を使ってみた感想やメリット・デメリット

実際に使ってみたメリット・デメリットは下記のとおり。

メリット

  • 軽くて暖かい
デメリット

  • 持ち運ぶときに少しかさばる

 

メリット

防寒カバーはとにかく暖かくて軽いです

防寒カバーを付けていると赤ちゃんだけでなく、ママもあったか。防寒カバー内で保温されているからだと思います。

子供の反応はというと、ほどよい暖かさが気持ち良いのか、しばらく歩いているとすっかり眠りに入っていました。

防寒カバーを1枚つけるだけで、上着を着せる必要がなくなるのは楽ですね。

 

わが家は、抱っこひもと同じくらいベビーカーをよく使います。

「ウインター・マルチプルカバー」ひとつで、抱っこひもとベビーカー両方の防寒対策ができて助かります

値段はちょっぴり高めかもしれませんが、使い勝手と満足度を考えればコスパの良い買い物だと感じました

めがね主婦

冬の間はヘビロテしてます。
追記

購入から1年。去年の冬は、おでかけのたびに使用していました。

丈夫な作りのため、まだまだ使えそうです。

今年も寒い季節は使い倒します。

 

デメリット

あえてデメリットを挙げるなら、ほんの少しだけかさばるところ

もう少し薄くたためるものだと勝手に思い込んでいたので、購入して手元に届いたときには「あれ?」と思いました。

でも、普通のアウターに比べれば、かなりコンパクトにまとまります。

値段が少し高めなところも、人によってはデメリットに感じるかもしれません。

ウインター・マルチプルカバーを購入する ⇒

 

まとめ

「ウインター・マルチプルカバー」は、こんな方にオススメです。

  • 寒い季節にだけ使いたい
  • 出来るだけ価格を抑えたい

赤ちゃんのためにも、利用シーンにあわせてしっかりとした防寒カバーを選びましょう。

ウインター・マルチプルカバーを購入する ⇒

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です