テーマ移行中のため表示が崩れている箇所があります

成分を調べてわかった!ナイトアイボーテが肌にやさしい理由

成分を調べてわかった!ナイトアイボーテが肌にやさしい理由

市販のアイプチを使っていると、まぶたが赤く腫れてしまう…

市販のアイプチを使って、まぶたが荒れてしまうという方は多いです。

私もそのうちの一人で、アイプチを長時間つかうと赤く腫れあがります。

使い慣れているアイプチでも長時間つけていると荒れてしまうので、初めて使うアイプチは怖くて使えません

しかし、ナイトアイボーテは長時間つかっても荒れませんでした

「なんでこんなに差があるの!?」と思うほどです。

 

このページでは、市販のアイプチとナイトアイボーテの成分の違いをまとめました。

私のように肌が弱くて、ナイトアイボーテの使用をためらっている方の参考になれば幸いです。

 

ナイトアイボーテに入っている成分

ナイトアイボーテの成分

パッケージにも記載されていますが、ナイトアイボーテには下記のような成分が入っています。

  1. エタノール
  2. (メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー
  3. BG
  4. DPG
  5. グリセリン
  6. ボタンエキス
  7. アルテア根エキス
  8. フユボダイジュ花エキス
  9. アルニカ花エキス
  10. サクラ葉エキス
  11. メチルパラベン

大きく分けると、まぶたをケアする「美容成分」と、化粧品の製造に必要な「その他の成分」の2種類に分類されます。

ナイトアイボーテの美容成分

美容成分のイメージ画像

成分の一部(美容成分)については、ナイトアイボーテ公式サイトに記載されていました。

ボタンエキス

ボタンの根皮から抽出したエキス。紫外線から肌を守ったり、肌荒れ対策・アンチエイジングの効果があるとして、さまざまな化粧品に使われています。

もともとは、漢方の成分として使用されていたので毒性の心配はなさそうですね。

頭皮環境が良くなるといった理由から、最近は育毛剤にも使われている成分です。

フユボダイジュ

シナノキ(ボダイジュ)の花から抽出されるエキス。

鎮静・消炎・保湿・抗菌・収れん作用があると言われ、化粧品や育毛剤によく使用されています。

また、この花が乾燥されたものがハーブとして使用されたリンデンフラワーティーというものがあります。

心を落ち着けてリラックスする効果があり、不眠症や風邪の初期症状・神経疲労などのときに飲むと、症状を緩和してくれると言われています。

副作用もなく、安全性は高いようです。

アルニカ花エキス

キク科植物・アルニカの花から抽出したエキスで、消炎・鎮静・保湿・血行促進作用があるといわれています。

抗炎症作用・刺激緩和作用があることから、敏感肌用やニキビケア目的の化粧品に使われたり、脱毛予防効果があることからシャンプー・リンス・育毛剤などにも使われています。

他にはボディクリームなどにも配合されています。

肌への刺激も弱く、毒性の心配も少ないと言われている成分です。

アルテア根エキス

アルテアの根から得られたエキス。

優れた保湿効果があり、刺激の緩和、皮膚の柔軟化、消炎、収れん作用などが期待されるため、敏感肌用化粧品に使われることが多いです。

粘膜を保護する働きもあり、うがい薬などにも配合されています。

毒性などもなく、安全性の高い成分だと考えられています。

サクラ葉エキス

桜の葉から抽出したエキス。毒性や刺激もほとんどなく、安全性の高い成分と考えられています。

抗アレルギー作用や、かゆみ・炎症を抑えることから、解毒やじんましん、はれものなどに効果があるとされ、保湿・美白効果から化粧品にも使われています。

その他の成分

エタノール

刺激が強いため、ナイトアイボーテで使っているのは最小限のエタノールです。

エタノールは、アルコールとも呼ばれ、抗菌・清涼・防腐・収れん(肌や毛穴の引き締め)作用などがあります。

デメリットは刺激が強いことですがメリットも多く、化粧品や消毒液などによく使われています。

化粧品などに含まれているエタノールは毒性・刺激が低いとされていますが、人によっては注意が必要です。

コポリマー(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)

界面活性剤、被膜形成剤、乳化剤、増粘剤、結合剤など様々な用途があるようです。

化粧品やシャンプー・リンス、ワックス、医薬品などに配合されています。

コポリマーといっても、数多くの種類が存在するため、安全性や効果についてもさまざま。

BG

アルコールの一種。保湿力・抗菌作用があり、化粧品などの防腐剤を減らす役割としても使われています。

刺激が少なく、毒性は低いとされています。

DPG

保湿力が高く、化粧品の伸び・すべりをよくする効果が期待されているので、多くの化粧品に使われています。

また、配合割合が1.0パーセントまでと厳しく決められていて、毒性はとても低いと考えられます。

グリセリン

アルコールの一種。保湿作用があるといわれていて、ほとんどの化粧品に使われています。

化粧品以外にも、医薬品や食品添加物(甘味料・保存料・保湿剤・増粘安定剤)として多く使われています。

水と混ざると、じんわりと発熱する性質があり、この性質を利用したホットクレンジングなどの温感化粧品なども開発されています。

食品にも使用されているところから、毒性はとても低いと考えられます。

メチルパラベン

長年にわたって、化粧品や食品によく使用されている防腐剤。

賛否両論ありますが、多くの防腐剤の中でも安全性が高いとされ、防腐剤の中では最もメジャーな成分です。

アイプチでよくある悩みの原因

アイプチでよくある悩みの原因

アイプチを使っていて、まぶたのトラブルに悩んだ方も多いはず。

  • まぶたが、かぶれてかゆい
  • 乾燥してカサカサしている
  • 赤くはれる
  • 傷ができてしみる

まぶたの状態が良くないと、アイプチがうまく出来なくて外出するのも嫌になりますよね。

最悪の場合、アイプチが使えないほど悪化してしまうこともあります。

トラブルの原因、何だかわかる?

うーん、成分なんてあまり詳しく調べたことないからなぁ…

 

実は、アイプチに使われているラテックスという成分がトラブルの原因なんです。

ラテックスとは天然ゴムのこと

ゴムノキの樹皮からとれた樹液が原料になっているのですが、この樹液の中に含まれているたんぱく質に、免疫が過剰反応してアレルギーを引き起こします。

ラテックスは、アイプチだと接着の役割を果たしています。

日用品だと、ゴム手袋や輪ごむ、ばんそうこうなどに使われています。

 

ラテックスアレルギーをもっている方が、こういった商品を使うと…

  • 蕁麻疹
  • 喘息
  • アナフィラキシーショック

などのアレルギー症状が出たりするので注意が必要です。

あまり気にせずアイプチを使っている人が多いけど、意外と危険だね

めがね主婦

アイプチを使うときは成分をよくみた方がいいね

 

まぶたは体の中でも特に皮膚がうすい部分なので、刺激に敏感です。

「他の部分でパッチテストをした時は大丈夫だったのに、まぶたに使ってみるとダメだった」なんてこともありえます。

私もアイプチを長時間つけていると、まぶたが赤く腫れあがって、かゆくなります。

まぶたの荒れが心配なら、長時間の使用を避けましょう。

特に肌の弱い方は、まぶたでパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

市販の安いアイプチとナイトアイボーテ 成分の違い

市販の安いアイプチとナイトアイボーテの大きな違いは、まぶたの荒れの原因となる「ラテックス」の使用の有無です。

さらに、まぶたをケアする美容成分の有無もポイントになります。

ナイトアイボーテは、ラテックス不使用、美容成分配合のため肌にやさしいです

 

市販の安いアイプチ

  • ラテックスを使っている
  • 美容成分が入っていない

市販のアイプチは、上記のように肌への刺激があるものが多いです。

ただ、ラテックス不使用の市販アイプチもあるので気になる方はチェックしてみてください。

ナイトアイボーテ

  • ラテックスを使っていない
  • 保湿、美容成分が入っている

ナイトアイボーテは市販のアイプチに比べ、肌に優しいのが特徴。

ラテックス不使用なので肌への刺激が少なく、さらに美容・保湿成分でまぶたをガードしてくれます。

 

アイプチを使用しているときは、常に二重のりが まぶたについている状態です。

二重のりの刺激を和らげるような美容成分と、皮膚に適度な水分を保湿するための成分が入っていないと、まぶたへのダメージが大きくなり、結果的にかぶれや荒れを引き起こすことになってしまいます

なんだか、まぶたが荒れる原因がわかった気がする!アイプチの質も大事ってことだね

アイプチを長時間つかう方も多いので、安全性や品質にはこだわりたいですよね。

4,500円2,980円(税抜)で購入できる
ナイトアイボーテの購入はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です