テーマ移行中のため表示が崩れている箇所があります

北海道で電気代が高いとお悩みの方はLooopでんきがおすすめ!

【北海道電力エリア】電気代を安くしたいならLooopでんき(るーぷでんき)がおすすめ

今すぐLooopでんきに申し込む ⇒

「電気代が安くなった!」という口コミをよく見かけるLooopでんき。

  • Looopでんきって何?
  • 実際に切り替えた方の口コミが気になる

という方に向けて、Looopでんきの内容やメリット・デメリットをまとめました。

私自身が北海道電力(ほくでん)からLooopでんきに切り替えたので、北海道電力エリアに住んでいる方を対象とした内容になっています。

電気代を節約したくて電力切り替えを考えている方の参考になれば嬉しいです。

\詳しくはこちら/

 

Looopでんきとは?

2011年の東日本大震災での活動をきっかけに設立された会社で、「新電力」と呼ばれている電力小売事業者のうちのひとつです。

自然エネルギー(風力・水力・太陽光)や再生可能エネルギーなどを、もっと身近に感じて欲しいと活動を続けています。

簡単に説明すると、地球にやさしい電力を普及させようと取り組んでいる会社です。

まだまだ新しい会社ですが、申し込み10万件を突破するなど確かな実績があります。

 

「新電力って新しい会社が多くて不安なんだけど…本当に大丈夫?」と思っている方に、Looopでんきのデメリットやメリットを説明します。

 

Looopでんきのデメリット

Looopでんきには、やはり新会社ならではのデメリットがあります。

ただ、わたしは実際に利用していますがそこまでデメリットと感じていません。

デメリットと感じるかどうかは人によると思いますが、切り替えてから後悔しないためにも、契約前に確認しておきたいポイントです。

  1. 電気代が高くなってしまう場合がある
  2. 他社のようなセット割引・ポイント制度がない
  3. 明細の確認はネット(アプリ)から
  4. 支払い方法はクレジットカードのみ
  5. 今後、料金が変わる可能性がある

Looopでんき公式サイト ⇒

 

Looopでんきのデメリット① 電気代が高くなってしまう場合がある

電力自由化によって「新電力」という電気事業者が次々と参入してきましたが、オール電化向けのプランに関しては新電力はおすすめできません。

オール電化の家庭は、夜中の電気代が安くなるようなプランを利用していると思いますが、そういったプランはまだまだ大手電力会社(北海道電力)の方が充実しています。

(※北海道電力だと「eタイム3プラス」がオール電化向けのプランに該当します。)

Looopでんきにもオール電化向けのプランがないため、オール電化の家庭では電気代が高くなってしまうことが多いです。

 

電気使用量の少ない、一人暮らしの場合も電気代が高くなってしまうことがあるので要注意。

自分の家庭はどうなるのか気になる方はシミュレーションしてみると良いと思います。

 

Looopでんきのデメリット② 他社のようなセット割引・ポイント制度がない

他社でよく見かけるセット割引などは解約金があったり契約期間のしばりがあるものが多いです。

Looopでんきには、セット割引やポイント制度がなく、従量料金に応じたシンプルなプランとなっています。
セット割引がないかわりに解約金・契約期間のしばりがないのが特徴です。

 

Looopでんきのデメリット③ 明細の確認はネット(アプリ)から

北海道電力の場合、このような検針票で電気使用量や内訳を確認することができます。(「Web料金お知らせサービス」に変更している方は、ネットから確認できます。)

北海道電力 検針票

Looopでんきではこのような紙の検針票がなく、Webからのみ詳細情報を確認することができます。

ネットからこまめに電気使用量をチェックできるのは便利な点ですが、人によっては紙で確認できないのがデメリットに感じるかもしれません。

 

Looopでんきのデメリット④ 支払い方法はクレジットカードのみ

クレジットカード

クレジットカードを使うことに抵抗がある方、現金派の方にはデメリットになる点です。

支払い方法を1つに統一することでコストを抑え、電気料金をできるだけ安く提供しています。

 

Looopでんきのデメリット⑤ 今後、料金が変わる可能性がある

Looopでんき公式サイトにも書かれていますが、今後なにかしらの理由で電気料金が変わる可能性もあります。

Q:契約期間中、料金が変わることはありますか?

A:諸般の事情により、料金を改定させていただこくことはあります。その際は、当然ながら、猶予期間をもって、お客様にお知らせをいたします。

ただ、これはLooopでんきに限ったことではありませんし、余裕をもってお知らせしてくれるようなので、納得ができないなら電力会社を切り替えればいいだけの話です

Looopでんきは解約金が0円なので、他社への切り替えも身軽にできます。

 

Looopでんきのメリット

ここまでデメリットを見てみましたが、もしどうしても譲れない部分があるのであれば、Looopでんきへの切り替えはやめておいた方が良いです。

  1. 北海道はもちろん、沖縄・離島をのぞく全国に提供している
  2. 基本料金・解約金・違約金が0円
  3. 料金体系が一律でわかりやすい
  4. 24時間365日いつでも安心の「かけつけるーぷ」
  5. 電気の使用量をネット・アプリから簡単確認
 

Looopでんき公式サイト ⇒

 

Looopでんきのメリット① 北海道はもちろん、沖縄・離島をのぞく全国に提供している

都心部、もしくは本州エリアが対象の電力会社が多い中、Looopでんきは北海道エリアも対象になっています。

北海道電力はもともと電気料金が高いため、Looopでんきの安さは魅力的です。

 

Looopでんきのメリット② 基本料金・解約金・違約金が0円!

Looopでんき(るーぷでんき)は基本料金が0円

Looopでんきに切り替えると電気代が安くなる理由は、基本料金が0円だからです。

北海道電力の従量電灯Bプランの基本料金と比べると一目瞭然。

契約アンペア

基本料金(税込)
Looopでんき 北海道電力
10A

 

 

 

0円

334円80銭
15A 502円20銭
20A 669円60銭
30A 1,004円40銭
40A 1,339円20銭
50A 1,674円00銭
60A 2,008円80銭

アンペア数が大きい家庭ほど、Looopでんきへの切り替えで電気代が安くなる可能性が高いです

 

Looopでんき(るーぷでんき)は解約手数料0円

さらに解約金・違約金が0円というのもLooopでんきの大きな魅力。

「Looopでんきに切り替えたけど、やっぱり他の電力会社にしたいなぁ…」と思ったときに、解約金・違約金の心配もなく切り替えられます。

 

Looopでんきのメリット③ 料金体系が一律でわかりやすい

Looopでんきの料金体系(従量料金)は非常にわかりやすいと評判です。

従量料金は電気の使用量によって金額が変ります。

北海道電力では3段階の料金体系になっていて、ハッキリ言って計算が少し面倒です

  1kWhあたりの従量料金(税込)
Looopでんき 北海道電力
最初の120kWhまで

29円

23円54銭
120kWhをこえ280kWhまで 29円72銭
280kWhをこえる分 33円37銭

家計を管理している場合、だいたいの電気料金を算出することもあり、計算しやすいというのは本当に楽ですね。

 

Looopでんきのメリット④ 24時間365日いつでも安心の「かけつけるーぷ」

Looopでんき(るーぷでんき)のサービス『かけつけるーぷ』

電気のトラブルに24時間365日かけつけてくれる『かけつけるーぷ』というサービスがあります

  • 停電した
  • ブレーカーが頻繁におちる
  • コンセントが焦げ臭い

など、ちょっと心配なときにスタッフが対応してくれるのは心強いです。

サービス提供元は東京電力の子会社なので安心。

 

通常だと下記のように作業料金が発生しますが、Looopでんきを利用していれば出張費と60分以内の作業費が0円になります

  通常 Looopでんき加入
平日 9,000円

無料

土日祝・夜間 13,000円

 

Looopでんきのメリット⑤ 電気の使用量をネット・アプリから簡単確認

デメリットとしても紹介しましたが、こまめに電気使用量を見れるということはメリットでもあります。

Looopでんき マイページ

上記のようにアプリやネットから、電気の使い過ぎが目に見えてわかるので節約意識が高まります

新電力と言われる電気事業者は、このような「電気の見える化」を取り入れているところが多いです。

電気使用量だけでなく、電気代の金額もグラフで確認でき、家計管理にはとても役立ちます。

 

北海道電力(ほくでん)からLooopでんきに切り替えた方の口コミ・評判

ちなみにわが家は北海道電力からLooopでんきへの切り替えで年間7,000円ほど節約できました。

家庭によっては年間で2~3万も電気代が安くなる場合もあり、知らないからといってそんなチャンスを逃してしまうのはもったいないです。

他の方の口コミが気になるという方のために、ネット上の口コミをいくつか集めてみました。

 

 

Looopでんきへのお申し込み方法

Looopでんきへの申し込み方法はとても簡単です。

Looopでんき公式サイトからお申し込みページに進み、必要事項を入力するだけ

申し込みが終われば、あとの手続きはすべてLooopでんきがやってくれます
現在利用している電力会社に連絡する必要もありません。

待っているだけで、Looopでんきへの切り替えが完了します。手間もかからず、とっても簡単です。

 

北海道電力エリアに『Looopでんき』がおすすめな理由【まとめ】

  • 北海道電力に比べるとLooopでんきの方がはるかに電気代が安い
  • Looopでんきは、解約金や違約金がないので切り替えたあとに不満があっても、すぐに別の電力会社に変更できる
  • Looopでんきは基本料金が0円、従量料金が一律で家計管理しやすい

わが家は北海道電力(ほくでん)からLooopでんきに切り替えて、年間7,000円ほど電気代が安くなりました。

新電力への切り替えは不安もありますが、Looopでんきは解約金が0円だったので「不満があったらまた戻せばいいか」と思い、思い切ってLooopでんきへ。
切り替えの手間もほとんどなく、気づいたら切り替えが終わっていたという感じです。

実際に利用してみて、今のところ特にこれといった不満がないのでそのまま利用し続けています

「電気代が高い…」と悩んでいる方は、思い切って切り替えてみるのもいいかもしれません。ほくでんは電気代が高いですからね。

\詳しくはこちら/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です