わが家のこどもちゃれんじ体験談 >>

ナイトアイボーテで二重にならない時にやっておきたい6つの方法

ナイトアイボーテで二重にならない時にやっておきたい6つの方法

ナイトアイボーテを使っているけど二重にならない…

二重になったという口コミが多いナイトアイボーテ。

一方で、人によっては二重にならないという声もあります。

まぶたの厚み次第では、なかなか効果がでにくいこともあるので、根気強く使い続けることがポイントです。

 

このページでは、二重の癖がつきにくい原因や二重に近づくためのテクニックを紹介しています。

「早く二重になりたい!」という方は、ナイトアイボーテとあわせて試してみてください。

4,500円2,980円(税抜)で購入できる
ナイトアイボーテの購入はこちら

 

二重にならない原因は、まぶたの厚さや固さ

まぶたが薄く、やわらかいほど二重のクセがつきやすくなります。その反対に、まぶたが厚くて固い人はなかなかクセがつかないので、

ナイトアイボーテ全然効かないじゃん。

と、思いがちです。

まぶたの厚さや固さには個人差があるので、1ヶ月ほどで二重のクセがつく人もいれば、半年くらいでやっとクセがつくような人もいます。

人の口コミばかりを鵜呑みにせず、根気強く使い続けることが二重への近道です。

二重のクセをつけるためにやっておきたいこと

その1 まぶたのマッサージをする

夜、ナイトアイボーテを使用する前にまぶたのマッサージを行います。

  1. 人差し指の腹で、まぶたを目頭から目尻にかけて、ゆっくり優しくなぞる
  2. これを数回くりかえす

これだけで、まぶたの血流が良くなり、翌朝の目のむくみがスッキリします。

その2 ムクミ対策

ムクミ対策として挙げられるのは、主に下記の3つ。

  1. 寝る前の水分・塩分を控える
  2. 仰向けで寝る
  3. 朝のちょっとしたケアで血流を促す

寝る前の水分・塩分を控える

水分・塩分の過剰摂取は当然、ムクミの原因になります。

トマトやきゅうりには、塩分の排出を促す働きをするカリウムが多く含まれているので、そういった食材を摂取するなど、バランスの良い食生活を送ることが大切。

仰向けで寝る

うつぶせで寝ていた日の翌朝は、顔がすごくムクんでいたなんて経験ありませんか?

ムクミ対策に良いと言われている寝姿勢は仰向けです。さらに、夜更かしもムクミの原因となるので気をつけましょう。

足のムクミをとるために着圧ソックスを履いて寝る方もいると思いますが、これも顔がムクんでしまう原因のひとつです。

着圧ソックスが、顔むくみの原因になっていたとは…。

朝のちょっとしたケアで血流を促す

朝起きたときに、目や顔のムクミが気になる方は、短時間でできるムクミケアがおすすめ。

目元のむくみケアは下記の方法で行います。

  1. コットンに冷たい水や化粧水を染み込ませ、まぶたの上にのせる
  2. 5分ほど放置

顔全体のムクミが気になる方はこちら。

  1. 蒸しタオルで1~2分、顔全体を温める
  2. 冷水で顔を軽く洗い流す

これを2~3回繰り返すだけで、だいぶスッキリします。

ムクミがとれるだけじゃなく、眠気もふっとぶから一石二鳥だよ。

その3 使うときはケチらずたっぷり塗る

ナイトアイボーテって価格のわりに容量が少なくて、たっぷり使うのはもったいない気もするんですよね。

でも、たっぷり塗った方が寝ているときにも外れにくいので、ケチらずに塗りましょう。

テカるくらい塗って、よーく乾かしてクセづけするのがベストです。

その4 夜だけでなく昼間もナイトアイボーテを使ってみる

クセづけしている時間が長ければ、そのぶん二重のクセもつきやすくなります

普段アイプチを使用している方なら、そのアイプチをナイトアイボーテに変えるだけでOK。

夜塗ったナイトアイボーテを朝に一度落とし、メイクと一緒にもう一度ナイトアイボーテを使います。好みやメイク方法によって人それぞれですが、メイク前に使った方が接着効果があるので、きれいにクセづけできます。

その5 毎日継続

ナイトアイボーテを毎日継続して使うことが一番重要

忙しかったり、疲れていたりすると忘れがちですが、焦らず毎日コツコツ継続していきましょう

その6 二重になっても、しばらくはナイトアイボーテを使う

念願の二重になったからと、すぐにナイトアイボーテの使用をやめてしまうと、せっかくついた二重のクセがもとに戻ってしまうことがあります

少しクセがついても、二重のラインが安定するまで使い続けましょう。

まぶたの調子が悪いときだけナイトアイボーテを使うという使い方もできますし、二重のクセがついても1本手元に置いておくと安心です。

\いまなら34%オフ/
ナイトアイボーテの購入はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です