テーマ移行中のため表示が崩れている箇所があります

Amazonプライム会員の特典・メリット14個を解説!デメリットはあるのか?

こどもはちいさな怪獣 Amazonプライム会員

2017.10.8追記

2017.10.5から新サービスとして『Prime reading』が追加されました。追加料金なしで電子書籍が読み放題になるサービスです。

『Prime reading』について詳しく知りたい方はこちらをクリック


 

色々なところでオススメされているAmazonプライム会員。

私の場合は、子どものオムツやおしりふきがお安く買えるってことで会員になったのですが、それ以外にも便利な特典がありすぎて、今ではプライムなしの生活は考えられません!

今回は、Amazonプライム会員の便利なところやお得なところを、とことん紹介していこうかと思います。

 

 

Amazonプライム会員とは?

『Amazonプライム会員』は、年会費3,900円(税込)で、便利な配送特典やプライムビデオをはじめとする様々なコンテンツを利用することが出来るサービスです。

順を追って詳しく説明していきますが、プライム会員のサービス内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 『お急ぎ便』や『当日お急ぎ便』『お届け日時指定便』などの配送オプションが無料

  • 重いものや大きいものなどの特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 『プライム・ビデオ』で映画、ドラマ、アニメなどが見放題

  • 『Kindleオーナーライブラリー』で、Kindle本が毎月1冊無料で読める
  • Kindle、Fireタブレットが4,000円引き
  • 『Prime reading(プライムリーディング)』は、追加料金なしで本が読み放題
  • 『Prime Music(プライム ミュージック)』で、100曲以上の曲が聴き放題
  • 『プライムラジオ』で、自分好みの楽曲ステーションが作れる
  • 本を聞くサービス『Audible(オーディブル)』が3ヶ月無料で体験できる
  • 『Prime photos(プライム フォト)』で写真を無制限に保存
  • 会員限定タイムセールに30分早く参加できたり、Amazonプライムデーに参加できる
  • 『Amazonパントリー』が利用可能
  • 『Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)』が使える
  • 『Amazonプライム家族会員』に、同居家族を2名まで登録可能
  • 子育て世帯に!『Amazonファミリー』で、オムツやおしりふきが15%OFF
  • 学生は『Amazon Prime Student(アマゾン プライム スチューデント』で、プライム会員をもっとお得に体験
  • 最短1時間以内に商品が届く『Prime Now(プライム ナウ)』
  • 生鮮食品や専門店グルメなども買える『Amazonフレッシュ』

年会費3,900円(税込)って聞くと高いようにも聞こえますが、月額にすると325円(税込)。月額325円で、このサービスを全て利用できるのだから、すごくお得です!

年会費一括払いが嫌だという方は、毎月払いの『月間プラン:月々400円(税込)』も選択できます。

 

 

『お急ぎ便』や『お届け日時指定便』などの配送オプションが無料

プライム会員の大きなメリットのひとつが、配送オプションに関する特典です。

通常2,000円未満の買い物だと送料がかかってしまうのですが、プライム会員だと2,000円未満でも送料無料!

配送オプション 非会員 プライム会員
お急ぎ便 360円(税込) 無料
当日お急ぎ便 514円(税込) 無料
お届け日時指定便

360円(税込)

当日指定は514円(税込)

無料

回数制限がないので、何度でも使えます。

ただし、上記の配送無料オプションが使えるのは、『prime(プライム)マーク』のついたAmazonプライム対象商品のみです。

Amazon.co.jpから販売されている商品には、ほとんど『prime(プライム)マーク』がついているので、実質送料無料みたいなものですね。

 

お急ぎ便・当日お急ぎ便・お届け日時指定便がいつでも無料

 

 

『プライムビデオ』で、映画・ドラマ・アニメなどが見放題!

プライムビデオ内の対象コンテンツが見放題!映画好きやアニメ好きにはたまらないサービスです。

ラインナップも定期的に入れ替わるので、「見たいの全部見ちゃったな~」っていう心配もありません。

  • 洋画・邦画の人気作品
  • SPECなどの日本のテレビドラマ
  • アメリカのテレビドラマ
  • 韓国のテレビドラマ
  • ガンダムシリーズ、ルパン三世、らんま1/2などのアニメ
  • ドラえもん、ディズニー、きかんしゃトーマスなどのキッズ向けの作品
  • お笑い・バラエティ
  • 松本人志のドキュメンタルなどのドキュメンタリー
  • プライムビデオ限定作品

上記は、ほんの一例です。

Fire TV Stickを使えば、テレビの大画面で動画を楽しむことも出来るし、動画はダウンロードしてオフラインで見ることも出来ます。

 

さらに、すごいのは他社の配信サービスと比べても、Amazomプライムビデオの料金は圧倒的に安い!

動画配信サービス 料金
Amazonプライムビデオ 月額325円
U-NEXT 月額1,990円
Hulu 月額933円
Netflix 月額650円~

忘れちゃいけないのが、Amazonの特典はプライムビデオだけじゃないってことです。

普段から映画やドラマ、アニメをよく見る方は、これだけで確実に年会費のもとが取れます。

 

 

『Kindleオーナーライブラリー』でKindle本が毎月1冊無料で読める

Kindleオーナーライブラリーは、数多くの対象タイトルの中から、毎月1冊無料で本を読むことが出来るサービスです。

ただし、Kindle端末またはFireタブレットを持っている必要があります

「Kindle端末もFireタブレットも持ってないよー」っていう方!プライム会員になるとKindleやFireタブレットが、4,000円引きで購入できます。

次で詳しく説明しますね。

 

Kindle・Fireタブレットが4000円引きになる!

Amazonプライム会員になると、下記のKindleがそれぞれ4000円OFF!

  • Kindle \8,980 \4,980
  • Kindle paperwhite \14,280 \10,280
  • Kindle paperwhite マンガモデル \16,280 \12,280

 

Kindleだけじゃなく、Fireタブレットも4,000円OFF!

  • Fire7 \8,980 \4,980
  • Fire HD8 \11,980 \7,980

 

Kindle・Fireタブレットの割引だけで、プライム会員の年会費3900円のもとが取れますね。

  • Kindleオーナーライブラリーは、Kindle本が毎月1冊無料で読める
  • プライム会員だと、対象のKindle・Fireタブレットが4000円引き

 

 

『Prime reading(プライムリーディング)』は、追加料金なしで本が読み放題

2017.10.5に『Prime reading』という新しいサービスが加わりました。

サービス内容は、追加料金なしで数百冊の対象書籍が読み放題になるというもの。

主な特徴としては

  • 対象書籍のジャンルは、コミック、小説、ビジネス書、絵本、雑誌など様々(900冊ちかく)
  • Kindle端末だけでなく、パソコンやスマートフォンからも読める
  • 追加料金なし

先に紹介していた『Kindleオーナーライブラリー』は毎月1冊、Kindle端末から読めるサービスでしたが、『Prime reading』は、Kindle端末だけでなくパソコンやスマホのアプリでも読むことができます。

 

また、同じ電子書籍読み放題サービスとして、月額980円で利用できる『Kindle Unlimited』があります。

「月額980円払うほどでもないけど、ただで読めるなら読みたいなぁ…」なんて考えていた人は結構多いと思うのですが、そういった方たちにぴったり。

『Kindle Unlimited』に比べると『Prime reading』は対象書籍の冊数がまだまだ少ないですが、それでも十分すぎるほどです。今後もっと増える可能性に期待したいですね。

読書が好きな人は、このサービスだけで余裕で年会費のもとが取れますし、かなりお得です!

>>Amazonプライムで『Prime reading』の詳細を見てみる

 

『Prime Music(プライムミュージック)』で、100万曲以上が聴き放題

『Prime Music(プライムミュージック)』は、100万曲以上の楽曲やプレイリスト、そして、プライムラジオが聴き放題です。

楽曲はダウンロード出来るので、外出先でもパケット通信を気にせず楽しめます

 

なかでも、個人的にはプレイリストが便利でした。

洋楽や邦楽のランキングのほかに、「寝る前に聴きたい」とか「仕事がはかどる」とか「通勤通学中におすすめ」とか、シーン別のプレイリストもあるので、その時のシチュエーションに合わせた曲をパパッと選べます。

 

 

プライムラジオ

Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間好きな時にお楽しみいただけます。

聴けば聴くほど自分好みのステーションに。

ステーションを聴きながら、親指マークの”サムアップ”(=お気に入り)と”サムダウン”(=気に入らない)を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるステーションに変わっていきます。

作業をする時とかにピッタリですね。ジャンルを選べば、あとはずーっと音楽が流れている状態です。

「この曲は聴かなくていいかなー」っていう曲はスキップしたりして、何時間でも好きなだけ聴き続けることが出来ます。

 

 

本を聴くサービス『Audible(オーディブル)』が3ヶ月無料

一言でいうと、本の朗読を聴けるサービス通常1ヶ月の無料体験が、プライム会員だと3ヶ月無料で利用できちゃいます。

様々なジャンルの本が聴き放題で、あらかじめダウンロードしておけば、電波のない場所でも楽しめます

目も両手も使わないので、通勤中や家事をしながらなど、何かをしながら本を楽しめるっていうのが魅力ですね。

 

 

prime photos(プライムフォト)

Amazon Driveを使用して、オンライン上に写真を何枚でも保存できるサービス。しかも容量は無制限なので、写真をたくさん撮る方におすすめ!

写真以外のデータ(音楽や動画など)の保存は、5GBまで無料です。

保存されたコンテンツは、スマートフォンやパソコン、タブレットから簡単にアクセスできます。

 

 

会員限定タイムセールに30分早く参加できる・Amazonプライムデーへの参加

Amazonプライム会員は、数量限定のタイムセールに30分早く参加することが出来ます。人気商品はすぐに完売してしまうものが多いので、これは嬉しいですね。

プライム会員にならないと、セールが始まった時には完売してしまって購入出来ない可能性もあるわけです。

 

それから、Amazonでは年に1回、Amazonプライム会員限定の『Amazonプライムデー』という最大級のセールが行われています。

Amazonプライムデーでは、普段ならありえないような価格で販売されている商品も多いので、本当にお得です。

わが家は、2017年のAmazonプライムデーでオムツやベビーグッズをすごく安く購入しました。

 

 

Amazonパントリーが利用可能

Amazonパントリーとは、食品や日用品などをひと箱にまとめて届けてもらえるサービスです。

買い物に行くのが面倒な方や、忙しくて買い物に行けない方にピッタリ。生鮮食品などの生ものの取り扱いがないですが、ネットスーパーに近いものがありますね。

Amazonパントリーでしか扱っていない商品があったり、お得な価格で購入できます。

 

Amazonパントリー専用商品は、このパントリーの文字が目印です。

出来るだけお得に買い物したい方は、パントリーBoxの使用率が100%ギリギリになるまで商品を詰めていきましょう。(100%を超えると2箱目になります)

パントリーBoxは、52cm×28cm×36cmまでの容量、もしくは12kgまでパントリー専用商品を入れられます。

 

商品を詰めたら、通常の買い物と同じようにカートを確認し、注文確定するだけ。通常1~3日以内に届きます。

※パントリー手数料として、1箱290円がかかります。手数料無料キャンペーンを行っている場合もあります。

 

 

Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)

なんとボタンを押すだけ!ワンタッチで商品の注文が出来ちゃいます。

「残り少なくなってきたなー」と思ったときにすぐ押せるので、買い忘れを防止したい方や面倒くさがりな人にピッタリ。

  • ボタンの料金実質無料(ボタンは500円ですが、初回注文時に500円ひかれるので実質無料)
  • 重複注文防止機能つき(商品が届くまで、ボタンを何回押しても1回分の注文とカウントされます)
  • Wi-Fiに接続できるところであれば、好きな場所に設置が可能
  • ボタンの種類は100種類以上

 

 

Amazonプライム家族会員について

同居している家族2人までなら、家族会員として登録できます。

家族会員が利用できるプライム特典は、下記のとおりです。

  • 『お急ぎ便』や『お届け日時指定便』が無料
  • 重いものや大きいものなどの特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定タイムセールに30分早く参加できる
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ

これ以外のAmazonプライム特典は、共有できないので注意してください。

家族会員が利用できる特典は限られていますが、追加料金がかからないなら利用した方がお得ですよね。

 

 

子育て世帯に!Amazonファミリーでオムツやおしりふきが15%OFF

前述した『Amazonプライム家族会員』とは別物。子育て世帯向けのサービスです。

Amazonプライム会員に登録したうえで、さらに『Amazonファミリー』というものに登録すると、下記のような特典が追加されます

  • 定期おトク便をご利用で、オムツやおしりふきがいつでも15%OFF
  • Amazonファミリー限定セール有り

追加料金なしで、Amazonプライム会員の特典+Amazonファミリーの特典も受けられるので、大変お得です。子育て世帯の強い味方!

 

 

学生限定の『Amazon Prime Student(プライム・スチューデント)』

Prime Student(プライム・スチューデント)は、日本国内にある大学・大学院・短期大学・専門学校・高等専門学校の学生を対象としたサービスです。

サービス内容は、Amazonプライム会員とほぼ同じ。なのに、年会費は1,900円(税込)と安いです。

さらに、プライム・スチューデントには下記の特典が追加されています。

  • 本を購入したときのポイントが10%プラスして還元される
  • 不用品を売るときの買取金額が10%UP
  • プライムビデオを見ると2,000円分のクーポンがもらえる

これだけの特典があるのに、無料体験期間が6ヶ月もあります!6ヶ月もあるなんてお得すぎますね。

もちろん、気に入らなければ無料期間中に解約も可能です。

 

 

一部のエリア限定サービス

紹介しきれなかったけど、他にもこんなサービスがあります。以下のサービスは都心部などを中心とした、対象エリア限定のサービスです。

 

生鮮食品や専門店グルメが買える『Amazonフレッシュ』

生鮮食品や日用品、専門店グルメまで買えてしまうサービス

ついにAmazonも生鮮食品を扱うようになりました!ただ、対象エリアは東京を中心とする都心部のみです。

  1. 利用するにはAmazonフレッシュへの登録が必要
  2. Amazonプライム会員・Prime Student会員は、Amazonフレッシュの登録から30日間無料体験が可能
  3. 無料体験期間終了後は、Amazonフレッシュ月会費500円(税込)が別途必要

なんだかネットスーパーみたいですね。

 

最短1時間以内に商品が届く『Prime Now(プライム ナウ)』

最短1時間以内で商品を配達してくれるサービス。(1時間以内に配送の場合は、890円の配送料がかかります。)

合計金額2,500円以上で利用可能。

対象エリア外に住んでいるので利用したことはないのですが、「Amazonはここまでやるか!」っていうくらい、すごいサービスですよね。

 

デメリット

Amazonプライム会員の良いところばかり紹介してきましたが、デメリットというか気になる点もいくつかあります。

  • 特典が多すぎて、使わないサービスもいくつかある
  • 特典が多すぎて、サービス内容を完璧に把握しきれない
  • 都心部に住んでいないと、地域限定のサービス(AmazonフレッシュやPrime nowなど)の恩恵を受けられない

AmazonフレッシュやPrime nowなどのサービスは、使えるなら使ってみたいなぁ…とたまに思います。

なくても十分おトクなので不満はないですが…というか、気になる点を入れてもやっぱりメリットの方がかなり多いです。

 

Amazonプライム会員の入会方法

【1】Amazonプライムの公式ホームページを開きます。

【2】『30日間の無料体験を試す』をクリック。

【3】サインイン・もしくはアカウントを新規作成します。

【4】お支払い方法・請求先住所を確認したら、『無料体験に登録する」をクリック。

【5】以上で終わりです。

 

 

Amazonプライム会員の解約方法

【1】Amazonのトップページを開きます。

【2】『アカウントサービス』をクリック。

【3】プライムの欄の『会員特典とお支払い方法の確認』をクリック。

【4】『会員資格を終了する』をクリック。

【5】『会員資格を終了する』をクリック

【6】以上で解約完了です。

 

最後に プライム会員の特典まとめ

たくさん紹介したので、Amazonプライム会員の特典をおさらいします。

  • 『お急ぎ便』や『当日お急ぎ便』『お届け日時指定便』などの配送オプションが無料

  • 重いものや大きいものなどの特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 『プライム・ビデオ』で映画、ドラマ、アニメなどが見放題

  • 『Kindleオーナーライブラリー』で、Kindle本が毎月1冊無料で読める
  • Kindle、Fireタブレットが4,000円引き
  • 『Prime reading(プライムリーディング)』は、追加料金なしで本が読み放題
  • 『Prime Music(プライム ミュージック)』で、100曲以上の曲が聴き放題
  • 『プライムラジオ』で、自分好みの楽曲ステーションが作れる
  • 本を聞くサービス『Audible(オーディブル)』が3ヶ月無料で体験できる
  • 『Prime photos(プライム フォト)』で写真を無制限に保存
  • 会員限定タイムセールに30分早く参加できたり、Amazonプライムデーに参加できる
  • 『Amazonパントリー』が利用可能
  • 『Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)』が使える
  • 『Amazonプライム家族会員』に、同居家族を2名まで登録可能
  • 子育て世帯に!『Amazonファミリー』で、オムツやおしりふきが15%OFF
  • 学生は『Amazon Prime Student(アマゾン プライム スチューデント』でプライム会員をもっとお得に体験
  • 最短1時間以内に商品が届く『Prime Now(プライム ナウ)』
  • 生鮮食品や専門店グルメなども買える『Amazonフレッシュ』

何度見ても、この特典の数はすごい!

30日間無料体験ができるので、迷っている方は無料体験をしてみて判断するのもオススメです。

私も、「メリットを感じられなかったら、無料体験期間が終了した後に退会しようかな~」なんて考えながら登録しましたが、メリットしかなかったです!Amazon側に利益あるのか不思議なくらい。

今じゃ、すっかりAmazonプライム会員のとりこです。

Amazonで買い物をする機会があるのなら、入会して損はないサービスなので、まだ入会していない方は是非!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です